最近ずっと体調が良くない理由

薄っすらと雪が積もってくる季節に入って、しっかり防寒していても風邪をひきやすくなってしまいました。

 

 

気持ちの浮き沈みが激しくなったり、体が重ダルイ感じがしたり、常に眠かったり、急に冷えたり、熱くなったりと長い事体の調子が悪いのは更年期に差し掛かったからです。

 

 

肌荒れはするし、体は痒いし、夜中に何度も目が覚めてしまったりと更年期障害の症状のオンパレード中です。

 

 

ヒステリーまでは行かないのですが、何となく不機嫌になってしまったり、急に明るくなったりと気持ちの面でもおかしいんです。

 

 

ぐっすり眠りたくても、なかなか眠れなかったり、眠ったとしても夜中に起きてしまったりと不眠気味が続くんです。

 

 

生理前後は酷い目まいで起き上がる事も出来ずに、横になったまま数時間を過ごしています。

 

 

更年期障害が、こんなに大変だとは知らず毎日がツライです。

 

 

気圧病もあるようで、変な時に頭痛で悩まされているので更年期障害の症状だけではなさそうですが、今のところ何とか気力で乗り切っています。

 

 

体調不良の原因は全てパソコンの導入に

仕事柄、長時間に渡りパソコンと睨めっこしている事が多いのですが、当然これが理由で体調が悪くなってしまう事もあります。

 

 

ごく一般的な症状である眼精疲労に加え、姿勢が悪くなる事による酷い肩凝りや背中の痛み、足のしびれといった症状も出てきてしまい、3日に1度は帰宅途中に整体サロンに立ち寄り、肩から腰にかけてじっくり解してもらわないと気分良く帰宅出来ない状態になってしまいました。

 

 

大学の頃までは特に目が悪い訳でも、眼精疲労持ちでも無かったのですが、大学に進む頃がちょうどパソコンが普及し出した頃と重なり、卒論もパソコンで作成する事が必須となってしまったのです。

 

 

それ以降書き物は全てパソコンで作成という事になり、また自宅にもパソコンを導入する様になって、一気に上記の様な症状が出てきてしまいました。

 

 

たまには目の前のパソコンから開放されて、思い切り目を休めリラックスしたいと思うのですが、周囲の事情が中々それを許してくれません。

 

 

 

後は何とかこれ以上酷くならない様、自己防衛に努めるしかない様です。

 

 

突っ込まれなくて、どうしようもないと思われる内容が良い

元気だけど調子がのらなくて、職場に仮病を使いたい時って、誰しもあると思います。

 

 

そんな時に「体調が悪い理由」として、何か使えるものは無いかな?と思った時に参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

まず、自分の病気だとか家族の病気だと言うと、心底心配されて、バレた時にとんでもない目に合うので避けます。

 

 

また、言霊もあるので、本当に調子が悪くなる可能性もあるので、そういう意味でも避けます。

 

 

ちょっと心配されつつ、相手にそれ以上理由を突っ込まれない、どうしようもないと思われる内容がベストかと思います。

 

 

そんな時に考えついたのが、この理由です。「恋愛絡み」です。

 

 

親友が失恋をして、、とか、浮気されて、、とかいう理由で、泣いて電話がかかってきたので、明け方まで話を聞いて慰めてたという理由等です。

 

 

この場合、そんな親友をほっておけなかった優しい人と思われます。そして、確かにそんな状態じゃ電話も切れないよねと思ってもらえれば、成功です。

 

 

ただ、親友が仕事先の人だったり、仕事先の誰かと繋がっていると使えないですし、どこで誰が繋がっているか分かりません。

 

 

 

ということで、この理由を使いたい場合は、日頃から親友が3人くらいいることにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です