体調不良の原因は冷え

30代の専業主婦ですが、10代の頃からひどい冷え性です。

 

 

若い頃はそれでもあまり気にせず薄着をしていてときどきおなかが痛くなったり肩が凝って頭痛になる程度でしたが、年を重ねるにつれてどんどん冷えに弱くなっています。

 

 

夏にしばらく冷房の効く部屋にいたら、その後、何日も起き上がれないような頭痛に悩まされたり、涼しくなり始めた頃、浴槽に浸からない日が続いたら風邪を引いたりと季節に関係なく冷えやすいです。

 

 

血管が細いことも冷えに関係があるのか、血液検査では失敗されることが多いです。

 

 

子どもを産んでから冷えはますますひどくなり、どれだけ着込んでも手足の先は冷えて肩凝りでガチガチで頻繁に頭痛になり寝込んでいます。

 

 

運動する時間がなかなか取れないせいもあると思い、昼寝や夜に先に子どもが寝たときはストレッチや軽い筋トレを始めましたが、改善にはまだ時間がかかりそうです。

 

 

冷たい飲み物を控えたりもしているので少しでも効果が出ればいいのですが…。

 

 

 

隣の小学校を始め周囲の騒音が自宅に響き体調不良の原因に

体調が時折悪くなる原因は幾つかありますが、それらの中でも最近特に良く感じる様になったのが、自宅近くから響いてくる騒音の数々です。

 

 

私の自宅が小学校のすぐ隣という事もあって、小学校の生徒が頻繁に騒ぎ立てる騒音が部屋の中にまで伝わり、神経が休まらない時間帯もあります。

 

 

 

また最近では近所で道路工事やリフォーム施工の騒音もかなりの頻度で聞こえる様になり、その都度窓を閉め切らないとプライベートにも集中出来ない状態となってしまうのです。

 

 

騒音を頻繁に聞き次第にイライラしてくると、動悸もしてきますし、せっかくのオフの昼寝時間も全く眠れず、気分は最悪。またそれらが夜まで長引くと睡眠不足という最悪の事態にま出発展してしまいます。

 

 

 

なぜなら日々の出勤が朝早く、自宅を5時前後に出なければなりませんから、睡眠不足は何としても避けたいところなのです。

 

 

現在は各種の工事や施工はひと段落したものの、休日でも各種の活動で学校が騒がしくなるケースは多く、悩みの種となっているのです。

 

 

 

予期不安が強いと決まって身体に悪影響が現れて

元々予期不安が強く、ちょっとした事でも動揺し不安や恐怖に駆られてしまう私ですから、それが少しでも長く持続すれば、体調が悪くなる大きな原因となってしまいます。

 

 

きっかけは色々とありますが、それらの不安や恐怖が最も体調悪化として現れ易いのは、やはり睡眠の浅さ。

 

 

 

それらが気になっていつまで経っても寝付けないばかりでなく、夜中に突然起きてしまう中途覚醒や、全く意図していない早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒が起こる等、まともに寝付けない状態で一晩を過ごす羽目となってしまいます。

 

 

また胃腸のコンディション悪化としても現れ易く、好物でも全く美味しく感じられなかったり、食後も消化不良ですぐにお腹を下してしまう等、意気消沈する様な症状が連続して現れてきてしまいます。

 

 

そんな中でも全てを忘れられ、また身体全体を温めてくれる入浴は唯一楽になれるリラックスタイム。

 

 

 

就寝前にここで上手くリラックス出来た場合、数日に一度は比較的良く眠る事も出来るのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です