体調が悪い理由と自分の以前の行動とは

私は日常の体調管理には気を使っている人間でした。

 

 

 

しかし最近では体調が悪いと感じることがあって困っています。その理由を調べると興味深いことが分かったのです。

 

 

例えば体調が悪い理由には生活態度などが含まれています。私は近年の中で暴飲暴食をしていたと感じました。その結果として体調が悪いと感じる瞬間が増えたのです。

 

 

つまり暴飲暴食を止めると体調が悪いこともなくなるはずです。

 

 

実際に体調が悪い理由を探すことは意味が深いと感じます。

 

 

 

また体調が悪い理由を知れば自分の行動も変化します。私はそういう理由を知ってから慎重に行動しています。

 

 

今は体調が悪い理由も上手く理解できていると思います。

 

 

 

当然のように食べ過ぎは体に危険なものです。私はそれを止めたら体調管理も上手くできるようになりました。

 

 

確かに色々な食べ物を作るとそれを捨てるのが勿体無いです。

 

 

 

私は作り過ぎていたので食べる量も多かったです。しかしそれが体調が悪い理由に繋がっていたので驚きました。

 

 

足先の冷えから寝不足になり体調悪化を

私の体調が悪化する原因の一つとして、冬場の足先の冷えが挙げられます。

 

 

気温の高い春から夏場にかけては全く気にならないものの、気温が急激に下降する晩秋からその気配が現れ始め、暮れから翌早春に掛けて、ほぼ毎日の様に悩まされる様になってしまうのです。

 

 

どんなに入浴時間を遅らせても、就寝時には既に手足の先から温か味が抜け、そのまま布団に入っても全く温まらず、そのせいで目が冴えて眠れなくなってしまいます。

 

 

もちろんそれが連続するとお腹が緩くなったり起きている最中でも目まいが起こったりと、不快な状態が長く続いてしまいます。

 

 

ある日突然熟睡出来る日もあるのですが、それは冷え性による寝不足が限界にまで達した10日に1回位のペース。

 

 

 

ただそのリセットのおかげで何とかお腹の不調が解消し、数日は楽に過ごせる時もあるのです。

 

 

現在は就寝時に厚手のソックスをふくらはぎまで履き、膝裏近くまでの範囲を温める様にしています。

 

 

 

足先よりもむしろその上の部分を温めると効果がある様で、最近は少しだけ睡眠時間も伸び、上記の様な日中の身体の不調もちょっとだけ改善してきています。

 

 

我慢し続ける生活が体調悪化に

忍耐力というのはあればいいこととして考えられますが、

ずっと我慢し続けることは体にとっていいことではありません。

 

 

 

例えば仕事などでストレスがたまるような状態が続くと

どうしても体調が悪くなるというのはよくあることです。

 

 

 

私の場合も仕事でのストレスで体調が悪くなるということがあります。

 

 

 

納得いかないことや理不尽なことというのは生きている中では

少なからず発生しますが、一時的なことであったり、解決したりして続くということがなければそれをばねに頑張ることもできると思います。

 

 

 

しかしそのような状態が続くとどうしても自律神経失調症などになって体調がくずれるということになってしまいます。

 

 

 

仕事も一時的に休めばいいというアドバイスもあったりしますが、この一時的に休むというのは辞めてもいいという覚悟がないと取れません。

 

 

 

制度的に認められてもなかなか取りずらいというのが現状で多いのではないでしょうか。

 

 

 

我慢し続けると蕁麻疹が出たり、高血圧になったりとより具体的な症状が出てきてしまいます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です