風邪や病気から体を予防するには!?

風邪や病気になりたい人はいません。

 

 

若い頃は誰でもある程度の無理が押し通せます。徹夜で遊んだり、連日連夜お仕事や趣味の作業に没頭出来ます。

 

 

しかし、年齢を重ねると体力が落ちていきます。風邪や病気になる確率もアップします。健康はすべての物事の基本です。

 

 

健康でなければ、仕事や恋愛や趣味なども楽しめません。

 

 

人はなかなか厄介なもので、健康な時は健康の素晴らしさを実感出来ず、いざ風邪や病気になってから後悔するものです。

 

 

後悔先に立たずとはよくいったもので、風邪をひいて酷い熱にうなされて初めて健康の素晴らしさを再認識します。

 

 

病気を予防するコツですが、日頃からの生活習慣が大事です。

 

 

月並みではありますが、食事をしっかりと食べ、睡眠時間と休息の時間を意識的に設ける事がコツとなります。

 

 

またストレスは万病の元です。想像以上にストレスが人体に与えるリスクは大きく、近頃では医療分野でも「病は気から」という現象が科学的に証明されました。

 

 

一日三食、しっかりとご飯を食べましょう。

 

 

好き嫌いは厳禁です。ただ一方で栄養バランスを過剰に気にして自分の好きなメニューを食べない、という健康法はよくありません。

 

 

お肉や甘いものも時々であれば食べた方がむしろ健康的です。

 

 

また塩分やカフェインやアルコールは健康の天敵だと言われていますが、近年の医学の世界では適量を守れば、むしろ心身の健康にプラスになると言われており、自分の好きなものを適度に楽しむ事は風邪予防のためにも大事です。

 

そして、私のおすすめは免疫力を高めると評判の

サプリメントを飲む事です。

 

 

そうすることで風邪を引く前に

予防してくれるのです。

 

 

予防できれば、苦しい想いを

する必要がないので助かりますね。

 

 

そのサプリメントは

https://xn--tck9cucl6762bz6a861vipe.com/

で紹介されていますので良かったらどうぞ。

 

 

風邪を治す方法

 

風邪を引くと程度にもよりますが、身体はしんどくなり鼻水や咳に悩まされ集中力が欠けたり発熱で意識が朦朧としたりと厄介です。

 

 

治すためには病院に行って適切な治療を受けるのが一番なのは当たり前のことです。

 

 

しかし病院に行く時間がなかったり行くほどではない場合、治す方法としておすすめなのがとにかく休養することです。

 

 

風邪を引いている時には免疫力が下がっているため、無理をすると症状が悪化したり別の病気を貰ってしまうこともあります。

 

 

時間が許す限り布団の上で横になり、食欲があれば消化が良くて栄養価の高い食事を摂りましょう。

 

 

身体を温めてゆっくり眠ることは、風邪で弱った状態にはとても有効なことです。

 

 

多忙な現代人は風邪を引いても簡単に休むことは出来ないという人も多いかもしれません。

 

 

しかしだからと言って身体の調子が悪いまま働いていると、治るものもなかなか治らず風邪は長引くばかりです。

 

 

それだけでなく他の人にうつしてしまうリスクもあります。

 

 

休むことには後ろめたさを感じてしまうとは思いますが、思い切ってしっかりとした休養を取ることは早めに回復するためには一番効果的な方法なのです。

 

 

また普段から風邪予防にも取り組んでおけば、いざ引いてしまっても軽く済むはずです。

 

 

毎日はちみつ生姜湯を飲んだり、白湯を飲むだけでも免疫力アップに繋がります。

 

 

そして何より規則正しい生活を送ることや栄養バランスの良い食事を摂ることが風邪に負けない身体作りにはとても重要です。

 

お腹の気持ち悪さや痛みはお通じが原因かも

 

昨日、お昼を友達と食べに行ったのですが、せっかくメキシカンを食べに行ったのに、食べる前から少し胃がムカムカしていて、食べている最中にだんだん微妙になってきて、食べた後には寝っ転がりたいぐらいお腹が気持ち悪くて張っていました。

 

 

ときどきあるのですよね、こういうこと。食べるとお腹が痛くなったり張ったりして気持ち悪くなったりするのです。でも寝っ転がって休んでいたら治る場合が多いです。

 

 

大したことはないのですが、でも外出しているときに寝っ転がるわけにはいきませんからね。

 

 

食べ終わった後、試しにトイレに行ってみようと思い、行ってみました。

 

 

最初はトイレに行きたいような痛みではないと思っていたのですが、行ってみたらかなりのお通じがありました。

 

 

やはり私の場合は、朝のお通じで全部綺麗に出きらなかったことが原因なのだと思います。溜まっていたのでしょうね、まだ出きっていなかった分が。

 

 

でもスッキリできて安心できました。本当は朝のお通じを改善するのが良いのでしょうけど、外出時でも必要なときにはしっかりトイレに行くことが大事だと改めて思いました。

 

 

お腹が痛かったり気持ち悪かったりするときにはとにかくトイレに行ってみることが第一だと思います。

 

 

体調が悪い原因は○○不足

風邪など特に理由もないのに、元気がでなかったり、すぐ疲れたりする事はありませんか。

 

 

そんな時は、たいがい気分も暗くなり肌や髪なんかもボサボサだったりします。

 

 

その原因は、ずばり鉄分不足が考えられます。鉄分が不足する事は、酸素不足であると考えられます。

 

 

体全体が、酸欠な状態であると、脳であれば意識障害、女性であれば、子宮機能の低下など様々な事が浮かび上がってくると思います。

 

 

つまり、体の不調わ引き起こしているのは、鉄不足なのです。

 

 

鉄を補給するための薬やサプリは、副作用として、便秘や便が黒くなるといった症状があります。

 

 

出来るなら、食材から接種するのが一番だといえます。

 

 

鉄をとることで、ホルモンの正常化や冷えの改善、思考機能の安定といった効果が得られるはずです。

 

 

特に女性は、ホルモンバランスを整える事で大概の体調不良を改善する事ができます。

 

 

男女ともに鉄を意識して接種し、いつまでも元気で若々しくいたいものです。